●花粉症の時期には、何をおいても「保湿」が大事!

ここ30年ほど花粉症で悩まされている私ですが、最近、花粉の時期になるとお肌の乾燥がいっそう気になるようになりました。

 

もともと、花粉の時期は乾燥しやすい時期ですが、よく晴れて空気が乾いた日には、より多くの花粉が飛ぶと言われています。

 

花粉の症状は主に目や鼻のかゆみですが、「今日は非常に多くの花粉が飛んでいます」という日には、肌もかゆくなり、鏡で見ると白く粉をふいたようになっています。

 

そんな私がしているのは、とにかく保湿をこまめにすることです。

 

夜、入浴後に化粧水や乳液などで保湿するのはもちろんですが、日中でも「肌が乾いているな」と感じたら、化粧水をスプレーでプシューッと肌に吹きつけます。

 

 

敏感肌用dプログラム

時間があればそのあと乳液やクリームをつけることもあります。

 

ですので、この季節はお化粧はほとんどしません。

 

この時期はお肌が特に敏感で荒れやすくなっているので、なるべく肌に負担をかけないようにしています。

 

使用する基礎化粧品も「普通肌用」では、場合によっては肌がピリピリしてしまい、時には赤くなってしまうこともあるので、美白や保湿効果は低くても、「敏感肌用」と銘打っているものしか使えません。

 

また、鼻をかむと、鼻の下がヒリヒリしてしまうので、マスクで花粉をガードすることも欠かせません

 

化粧もせず、マスクもするので、せっかく春が近づいてもオシャレが楽しめませんが、これも「花粉症のシーズンが終わるまで」と思って、耐えるのみです。

 

また、家では加湿器も欠かせません。

 

冬場は風邪対策のためにフル稼働している加湿器ですが、加湿器をつけると花粉が舞い上がらないので、花粉症対策としても有効です。

 

一定の湿度を保つことができるので、お肌の乾燥を抑えることもできます。

 

加湿器を使う前は、花粉症の時期にお肌の乾燥に悩まされていたのですが、加湿器を使うようになってからは、少なくとも家ではお肌の乾燥が改善されたように思います。

 

なお、鍋料理を作ると、鍋が加湿器代わりとなって部屋の湿度をあげてくれますし、野菜や肉・魚などの具材をバランスよく食べることができるので、我が家の場合、花粉症の時期には冬場と同じくらい鍋料理が食卓に登場します。

 

とりわけ、鶏がらスープをベースにした鍋料理にすると、コラーゲンがとれるからか、翌朝、何となくお肌の調子がいいように思います。

 

花粉症だけでもつらいのに、お肌の調子まで悪いと、気分もどんより沈みがちになってしまいますが、きっとストレスをためるのも肌にとっては良くないと思うので、この時期はなるべく無理をせず、穏やかな気持ちでに過ごすように心がけています。