花粉の季節でも美しい肌を目指す

花粉が飛ぶ時期は、様々なお肌のトラブルが増加します。

 

花粉によってお肌が赤くなったり、痒くなったりしてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そんな花粉の時期でも、お肌を美しく保ちたい方も多いと思います。

花粉症 肌荒れ

花粉の時期にお肌が荒れてしまったときは、なるべく早めに荒れてしまったお肌をケアすることが大切です。

 

また、お肌が荒れてしまわないようにしっかり予防をすることも大切です。

 

皮膚科で診てもらうことが一番最短で確実な方法ではありますが、自分自身の日頃の生活習慣を変えるだけでも、十分花粉によって荒れたお肌をケアしたり予防することができます。

 

まず、栄養バランスの良い食事を心がけ、十分な睡眠時間をとることが大切です。

 

そうすることによって、身体の内側からお肌が強くなり花粉がお肌に付着しても荒れにくくなります。

 

花粉によって荒れてしまったお肌を外側からケアするのに、私は毎日の洗顔と保湿に力を入れています。

 

花粉の時期は、特に入念に洗顔と保湿を行います。

 

洗顔や保湿を行ってしまうと、花粉がお肌に付着したままになってしまいます。

 

そうしてしまうとお肌が痒くなりやすいです。

 

痒くなったお肌を手で触ることによって、お肌に余計な刺激を与えてしまい荒れる原因にもなりかねません。

 

そのため、毎晩必ず丁寧に洗顔をするようにしています。

 

洗顔後の保湿は、保湿クリームをたっぷり手のひらで優しく塗るようにしています。

 

それでもお肌が荒れてしまったときには、荒れてしまった皮膚の部分はあまり刺激しないようにしています。

 

市販で販売されている肌荒れに効果のあるクリームを塗り、手で触らないように絆創膏を貼ったりしています。

 

寝ている間は無意識に荒れているお肌を触ってしまうこともあるので、絆創膏やガーゼでカバーしています。

 

荒れたお肌の痒みに我慢ができなくなったときには、保冷剤や水で濡らした清潔なタオルでお肌を冷やすようにしています。

 

花粉でお肌が痒いからといって掻いてしまうと、お肌の荒れが酷くなってしまったり、お肌に痕が残ってしまいやすくなりそうなので掻かないように気を付けています。

 

お肌に良いとされているビタミンを多く摂取するようにしています。

 

花粉の時期は、普段よりも丁寧にお肌のケアをすることが一番だと思います。

 

神経質になりすぎてお肌を触りすぎることも良くないので、ある程度お肌の状況に応じて保湿クリームを使い分けたり毎晩ケアをするようにしています。