花粉の季節、肌が乱れた時に行っているお肌対策法は?

季節の変わり目、冬から春へと移り変わるとき、花粉によるアレルギー症状で様々な体の反応が出てくるつらい時期です。

 

くしゃみ鼻水だけでなく、お肌の乾燥やかゆみなどに悩まされることもあります。

 

女性にとって、肌あれは美容の大敵。

 

年が明けてお肌の乾燥が進むころ、症状がひどくならないように、心がけてしている対策を4点まとめます。

 

1.お肌の乾燥を防ぐ

まずは日常的に簡単にできることから。

 

他の季節と比べて冬場は空気が乾燥しているうえ、さらに暖房などで
お肌はカサカサになりがち。

 

乾燥はかゆみにもつながるので、手洗い後まめにハンドクリームを塗るほか、お風呂
あがりに全身にクリームを塗ってお肌の潤いを保ちます。

 

香料や添加物の多いものより、薬局で買える添加物が
少なめのシンプルなものが、刺激が少なくて良いです。

 

2.腸内環境を整える

アレルギー症状は体がアレルゲンと認識したものを排除しようとする働き。

 

ですが、マスクで鼻や口を覆っていても完全にはアレルゲンを防げないので、体がこれを取り込まないように腸でブロックします。

 

まずはバランスの良い食事をとること、海藻類、ネバネバ製品、食物繊維を積極的に摂ること、乳酸菌サプリを接種すること、これらを満遍なく摂ると、小腸の繊毛が整ってきて大腸の動きも活発になるので、腸内環境が整ってお肌の調子も良くなります。

 

3.お肌の修復

花粉の時期に限らないことですが、体が疲れているとお肌は敏感に反応してしまいます。

 

腸内環境を整えるのと同時に、お肌の修復に欠かせないのが睡眠です。

 

就寝時間を一定に保つこととなるべく良質な睡眠をとれるように枕やシーツを清潔で心地よいものにするなどして寝室の環境を整えます。

 

それから、ビタミン類を積極的に摂ること、特に肌の修復に効くビタミンCを積極的に摂ります。

 

4.楽しいことをする

物理的にできることを外側、内側からあげてきましたが、最後は心の栄養です。

 

自分がこれをすると心から楽しいと
思うことを、時間をつくってすること。

花粉症 スキンケア

私の場合、最近はハイキングと温泉です。

 

心と体は密接につながっている
ので、笑顔でいられたら肌荒れなんて忘れてしまうし、体も喜んでイキイキとしてきて、実際お肌もツヤツヤして
くるから不思議です。

 

忙しくてもこの充実した時間はとても大事。

 

ストレスも解消します。

 

以上、お肌にできる対策4点、特に効果的で大事なのは、お通じ(2)睡眠(3)遊び(4)の3つと思います。