季節の変わり目とともにでる肌荒れ

私たちの体には病原体などの異物の侵入を防いで体を守る、「免疫」というシステムがあります。

花粉 敏感肌

体の中に異物( 抗原) が侵入してくると、体の免疫機能がそれを記憶し、次回の侵入時には速やかに排除されるよう抗体が産生されます。

 

通常の免疫は、ウィルスや細菌など体に害となるものに対してのみ機能し、体を守っています。

 

しかしアレルギーでは、体に害のない花粉などの抗原についても異物と判定し、体に何らかの症状が出てしまいます。

 

アレルギー反応を起こすような抗原を「アレルゲン」と呼びます。

 

スギ花粉を例にとってみましょう。

 

アレルゲンであるスギ花粉が目や鼻・口などから体の中に侵入すると、通常では何の症状も起きません。

 

しかし、アレルギーでは、それを異物と判定し、抗体が産生され、目では涙を出して、鼻ではくしゃみや鼻水を出すことで体の中から排出するよう働きます。

 

くしゃみや鼻水などはよく知られた症状ですが、アレルゲンが皮膚から侵入して、そのアレルゲンを排出しようと炎症反応が起きて肌荒れとなる場合があります。

 

アレルゲンには、花粉、ハウスダスト、ダニ、金属、薬、植物など様々な種類のものがあります。

 

女性にとって、一番気にしていることは、お肌のケアについてではないでしょうか?私自身、アレルギー体質で、極度の敏感肌と乾燥肌です。

 

特に花粉の時期になると、季節の変わり目とともに訪れるのが、肌荒れ症状です。

 

ケアをしていても、いつのまにか、肌は荒れ果て。

 

痛々しい姿になっています。

 

肌荒れした時に、ケアするのは、手遅れです。

 

花粉の前にケアをちゃんとしておかないと余計に肌はボロボロになります。

 

女性にとってお肌は一番の見せ所です。

 

顔の印象はお肌が一番関係していきますよね。

 

お肌が綺麗だったら、ますます顔が美人さんに見えてきます。

 

また、顔の印象が違う風にみえたりするので、お肌のケアは大切です。

 

私の肌のケアについては、朝起きて、洗顔をし、化粧水をぬります。

 

お風呂の時に、洗顔をし、お風呂からでてきたら、化粧水を塗って保湿します。

 

次の朝起きてちょっと肌の調子が悪いかな?と思ったら、寝る前にパックを使ったりしています

 

朝起きて、カサカサしていたら、もう、手遅れなので、それから、肌の調子がだんだんと悪くなる一方なので、皮膚科にいく事をオススメします。

 

花粉の季節は肌の悩みごとでいっぱいになりますよね。

 

なるべくストレスを増やさないように気をつけましょう。