どんな状態でも保湿は大切。自分にあったケアを!

辛い花粉症の季節、お肌の悩みを抱えている人はたくさんいると思いますが、私もその一人です。

 

赤み、痒みが出て、鏡を見るのも嫌になります。

 

まず、花粉症の季節になったら、スキンケアをかえます。

 

普段使っているものが、トラブルを起こしている時は肌がピリピリ刺激を感じたり、かえって赤みが増したり
するからです。

 

お肌にトラブルがあると、何も塗らない方が良いのでは?と思いがちですが、保湿を怠ると、もっと酷いことになります。

 

肌が乾燥していると、花粉や有害物質を防御できないと聞きました。

 

常に肌が潤っている状態を保つのが大事だそうです。

 

私は敏感肌用のスキンケアにかえます。

 

刺激がないぶん、何もトラブルがない時に使っているものに比べると、物足りなさは感じますが、
保湿重視なので仕方ないですね。

 

普段はコットンで化粧水を肌になじませていますが、これもやめます。

 

手でじっくりと化粧水を肌に入れ込むように
やさしくなじませています。

 

スキンケアの最後には、美容オイルを使用しています。

 

これで入れ込んだ化粧水が蒸発しないように、しっかり蓋をします。

 

多少ベトつきますが、刺激がなくしっかり保湿できます。

 

花粉の時期は、保湿を重視するようになってから、数年間皮膚科に行っていません。

 

それまでは、花粉の時期になると決まって皮膚科に行き、ステロイドを処方されていました。

 

すぐ直って良いのですが、とくにスギ花粉の季節は
長いので、できれば薬に頼りたくありません。

 

でもあまりにも酷いときは、やはり皮膚科に行くほうが良いです。

 

薬の処方はもちろん、いろいろなアドバイスをもらえます。

 

私は、「絶対に外に洗濯ものを干してはいけない」「外に出る時は、軽くベースメイクをしたほうがよい」「クレンジングは低刺激のもので」
とアドバイスをもらいました。

 

メイクをしないほうが良いのでは?と思いましたが、スッピンで外に出ると、ダイレクトに花粉が肌についてしまうので、防御にもなるので
ベースメイクはしたほうが良いと。

 

でも、石鹸で洗い流せるようなものにしてくださいと言われました。

 

アイシャドウなどは、もちろんNGです。

花粉症 肌荒れ

目のまわりは皮膚が薄く、トラブルが起きやすいからです。

 

もしクレンジングが必要なら、低刺激で、肌に負担がかかるものはやめてくださいと。

 

スキンケアで、肌に一番よくないことは、クレンジングなんだそうです。

 

なのでこの時期はオイルで落とし、パパッと洗い流せるようなものにしています。

 

クルクルとマッサージするようにメイクと馴染ませるように落とすものは避けています。

 

お肌がデリケートになる花粉の季節は、まず自分にあったケアをするのが一番だと思います。

 

酷いときは、迷わず皮膚科に行くのが良いと思います。