●花粉症の時期には、何をおいても「保湿」が大事!

ここ30年ほど花粉症で悩まされている私ですが、最近、花粉の時期になるとお肌の乾燥がいっそう気になるようになりました。

 

もともと、花粉の時期は乾燥しやすい時期ですが、よく晴れて空気が乾いた日には、より多くの花粉が飛ぶと言われています。

 

花粉の症状は主に目や鼻のかゆみですが、「今日は非常に多くの花粉が飛んでいます」という日には、肌もかゆくなり、鏡で見ると白く粉をふいたようになっています。

 

そんな私がしているのは、とにかく保湿をこまめにすることです。

 

夜、入浴後に化粧水や乳液などで保湿するのはもちろんですが、日中でも「肌が乾いているな」と感じたら、化粧水をスプレーでプシューッと肌に吹きつけます。

 

 

敏感肌用dプログラム

時間があればそのあと乳液やクリームをつけることもあります。

 

ですので、この季節はお化粧はほとんどしません。

 

この時期はお肌が特に敏感で荒れやすくなっているので、なるべく肌に負担をかけないようにしています。

 

使用する基礎化粧品も「普通肌用」では、場合によっては肌がピリピリしてしまい、時には赤くなってしまうこともあるので、美白や保湿効果は低くても、「敏感肌用」と銘打っているものしか使えません。

 

また、鼻をかむと、鼻の下がヒリヒリしてしまうので、マスクで花粉をガードすることも欠かせません

 

化粧もせず、マスクもするので、せっかく春が近づいてもオシャレが楽しめませんが、これも「花粉症のシーズンが終わるまで」と思って、耐えるのみです。

 

また、家では加湿器も欠かせません。

 

冬場は風邪対策のためにフル稼働している加湿器ですが、加湿器をつけると花粉が舞い上がらないので、花粉症対策としても有効です。

 

一定の湿度を保つことができるので、お肌の乾燥を抑えることもできます。

 

加湿器を使う前は、花粉症の時期にお肌の乾燥に悩まされていたのですが、加湿器を使うようになってからは、少なくとも家ではお肌の乾燥が改善されたように思います。

 

なお、鍋料理を作ると、鍋が加湿器代わりとなって部屋の湿度をあげてくれますし、野菜や肉・魚などの具材をバランスよく食べることができるので、我が家の場合、花粉症の時期には冬場と同じくらい鍋料理が食卓に登場します。

 

とりわけ、鶏がらスープをベースにした鍋料理にすると、コラーゲンがとれるからか、翌朝、何となくお肌の調子がいいように思います。

 

花粉症だけでもつらいのに、お肌の調子まで悪いと、気分もどんより沈みがちになってしまいますが、きっとストレスをためるのも肌にとっては良くないと思うので、この時期はなるべく無理をせず、穏やかな気持ちでに過ごすように心がけています。

 

基本のキに戻るケアを心がけよう

夏から秋にかけてや、冬から春にかけてなど花粉が飛ぶ季節は、ストレスが多い夏や冬のお肌の疲れが一気にでてきますよね。

 

お肌が乾燥したり、吹き出物ができたりとトラブルが起きやすいと思います。

 

また、花粉の影響で鼻や目をこすったりと、お肌へのストレスがかかりやすい時期と言えます。

花粉 スキンケア

そんな時は、美白美容などの高価は化粧水や、美容液、クリームなどは一旦お休みして、シンプルな化粧水・乳液・クリームを使って基本のキにもどったケアをしっかりとしていくことをおすすめします。

 

これからご紹介するのは、私が実際に行っているケア方法です。

 

化粧水などはご自身に合ったものを選んで行ってみてくださいね。

 

まず、私がこの季節にいちばんお金をかけるアイテムがクレンジングです。

 

私はお化粧をするとき、リキッドファンデーションを使用しているのでクレンジングはオイルタイプのものを使用しています。

 

お化粧が薄い人はジェルタイプのものやミルクタイプのものを使用して、お肌の負担をできるだけ減らしてくださいね。

 

私はアテニアのオイルクレンジングでしっかりとお化粧を落とします。

 

小鼻や、おでこなど特に皮脂汚れがたまりやすい場所はしっかりと落とすようにしてください。

 

クレンジングが終了したら、ハトムギ洗顔を泡立てネットを使用して、きめ細やかな泡にしてから洗顔を行います。

 

クレンジングも同様ですが、力をいれないよう優しく丁寧に行ってください。

 

すすぐときは、シャワーを直接顔に当てるのではなく、ぬるま湯で優しく洗い流していきます。

 

お顔をふくときも、ぽんぽんと顔を抑える程度にしてくださいね。

 

しっかりと洗顔が終了したら、100円ショップで売っているフェイス型のコットンに、たっぷりとハトムギ化粧水を含ませ顔にパックします。

 

パックした上から、水分が逃げないようにシリコンのフェイスマスクをして、スチームを5分当てていきます。

 

スチーム後はハンドプレスをしながら、更に化粧水を肌に含ませたのちに
ニベアクリームで蓋をしていきます。

 

(吹き出物が多い方は、油分がさらに吹き出物を悪化させる可能性がありますので少なめにするといいかもしれません)花粉などでストレスを与えやすい目の周りや、口周りなどは重ね塗りをするなど臨機応変にケアしてくださいね。

 

お肌のコンディションが悪い時は、美容液や、美白クリームなどはお休みして、とにかく基礎化粧をシンプルにして、なおかつ「保湿」することを大切にするのがいいとおもいます。

 

私のおすすめはハトムギ由来の成分でできているものです。

 

ぜひ試してみてください。

 

花粉の季節でも美しい肌を目指す

花粉が飛ぶ時期は、様々なお肌のトラブルが増加します。

 

花粉によってお肌が赤くなったり、痒くなったりしてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そんな花粉の時期でも、お肌を美しく保ちたい方も多いと思います。

花粉症 肌荒れ

花粉の時期にお肌が荒れてしまったときは、なるべく早めに荒れてしまったお肌をケアすることが大切です。

 

また、お肌が荒れてしまわないようにしっかり予防をすることも大切です。

 

皮膚科で診てもらうことが一番最短で確実な方法ではありますが、自分自身の日頃の生活習慣を変えるだけでも、十分花粉によって荒れたお肌をケアしたり予防することができます。

 

まず、栄養バランスの良い食事を心がけ、十分な睡眠時間をとることが大切です。

 

そうすることによって、身体の内側からお肌が強くなり花粉がお肌に付着しても荒れにくくなります。

 

花粉によって荒れてしまったお肌を外側からケアするのに、私は毎日の洗顔と保湿に力を入れています。

 

花粉の時期は、特に入念に洗顔と保湿を行います。

 

洗顔や保湿を行ってしまうと、花粉がお肌に付着したままになってしまいます。

 

そうしてしまうとお肌が痒くなりやすいです。

 

痒くなったお肌を手で触ることによって、お肌に余計な刺激を与えてしまい荒れる原因にもなりかねません。

 

そのため、毎晩必ず丁寧に洗顔をするようにしています。

 

洗顔後の保湿は、保湿クリームをたっぷり手のひらで優しく塗るようにしています。

 

それでもお肌が荒れてしまったときには、荒れてしまった皮膚の部分はあまり刺激しないようにしています。

 

市販で販売されている肌荒れに効果のあるクリームを塗り、手で触らないように絆創膏を貼ったりしています。

 

寝ている間は無意識に荒れているお肌を触ってしまうこともあるので、絆創膏やガーゼでカバーしています。

 

荒れたお肌の痒みに我慢ができなくなったときには、保冷剤や水で濡らした清潔なタオルでお肌を冷やすようにしています。

 

花粉でお肌が痒いからといって掻いてしまうと、お肌の荒れが酷くなってしまったり、お肌に痕が残ってしまいやすくなりそうなので掻かないように気を付けています。

 

お肌に良いとされているビタミンを多く摂取するようにしています。

 

花粉の時期は、普段よりも丁寧にお肌のケアをすることが一番だと思います。

 

神経質になりすぎてお肌を触りすぎることも良くないので、ある程度お肌の状況に応じて保湿クリームを使い分けたり毎晩ケアをするようにしています。

 

花粉の季節、肌が乱れた時に行っているお肌対策法は?

季節の変わり目、冬から春へと移り変わるとき、花粉によるアレルギー症状で様々な体の反応が出てくるつらい時期です。

 

くしゃみ鼻水だけでなく、お肌の乾燥やかゆみなどに悩まされることもあります。

 

女性にとって、肌あれは美容の大敵。

 

年が明けてお肌の乾燥が進むころ、症状がひどくならないように、心がけてしている対策を4点まとめます。

 

1.お肌の乾燥を防ぐ

まずは日常的に簡単にできることから。

 

他の季節と比べて冬場は空気が乾燥しているうえ、さらに暖房などで
お肌はカサカサになりがち。

 

乾燥はかゆみにもつながるので、手洗い後まめにハンドクリームを塗るほか、お風呂
あがりに全身にクリームを塗ってお肌の潤いを保ちます。

 

香料や添加物の多いものより、薬局で買える添加物が
少なめのシンプルなものが、刺激が少なくて良いです。

 

2.腸内環境を整える

アレルギー症状は体がアレルゲンと認識したものを排除しようとする働き。

 

ですが、マスクで鼻や口を覆っていても完全にはアレルゲンを防げないので、体がこれを取り込まないように腸でブロックします。

 

まずはバランスの良い食事をとること、海藻類、ネバネバ製品、食物繊維を積極的に摂ること、乳酸菌サプリを接種すること、これらを満遍なく摂ると、小腸の繊毛が整ってきて大腸の動きも活発になるので、腸内環境が整ってお肌の調子も良くなります。

 

3.お肌の修復

花粉の時期に限らないことですが、体が疲れているとお肌は敏感に反応してしまいます。

 

腸内環境を整えるのと同時に、お肌の修復に欠かせないのが睡眠です。

 

就寝時間を一定に保つこととなるべく良質な睡眠をとれるように枕やシーツを清潔で心地よいものにするなどして寝室の環境を整えます。

 

それから、ビタミン類を積極的に摂ること、特に肌の修復に効くビタミンCを積極的に摂ります。

 

4.楽しいことをする

物理的にできることを外側、内側からあげてきましたが、最後は心の栄養です。

 

自分がこれをすると心から楽しいと
思うことを、時間をつくってすること。

花粉症 スキンケア

私の場合、最近はハイキングと温泉です。

 

心と体は密接につながっている
ので、笑顔でいられたら肌荒れなんて忘れてしまうし、体も喜んでイキイキとしてきて、実際お肌もツヤツヤして
くるから不思議です。

 

忙しくてもこの充実した時間はとても大事。

 

ストレスも解消します。

 

以上、お肌にできる対策4点、特に効果的で大事なのは、お通じ(2)睡眠(3)遊び(4)の3つと思います。

 

どんな状態でも保湿は大切。自分にあったケアを!

辛い花粉症の季節、お肌の悩みを抱えている人はたくさんいると思いますが、私もその一人です。

 

赤み、痒みが出て、鏡を見るのも嫌になります。

 

まず、花粉症の季節になったら、スキンケアをかえます。

 

普段使っているものが、トラブルを起こしている時は肌がピリピリ刺激を感じたり、かえって赤みが増したり
するからです。

 

お肌にトラブルがあると、何も塗らない方が良いのでは?と思いがちですが、保湿を怠ると、もっと酷いことになります。

 

肌が乾燥していると、花粉や有害物質を防御できないと聞きました。

 

常に肌が潤っている状態を保つのが大事だそうです。

 

私は敏感肌用のスキンケアにかえます。

 

刺激がないぶん、何もトラブルがない時に使っているものに比べると、物足りなさは感じますが、
保湿重視なので仕方ないですね。

 

普段はコットンで化粧水を肌になじませていますが、これもやめます。

 

手でじっくりと化粧水を肌に入れ込むように
やさしくなじませています。

 

スキンケアの最後には、美容オイルを使用しています。

 

これで入れ込んだ化粧水が蒸発しないように、しっかり蓋をします。

 

多少ベトつきますが、刺激がなくしっかり保湿できます。

 

花粉の時期は、保湿を重視するようになってから、数年間皮膚科に行っていません。

 

それまでは、花粉の時期になると決まって皮膚科に行き、ステロイドを処方されていました。

 

すぐ直って良いのですが、とくにスギ花粉の季節は
長いので、できれば薬に頼りたくありません。

 

でもあまりにも酷いときは、やはり皮膚科に行くほうが良いです。

 

薬の処方はもちろん、いろいろなアドバイスをもらえます。

 

私は、「絶対に外に洗濯ものを干してはいけない」「外に出る時は、軽くベースメイクをしたほうがよい」「クレンジングは低刺激のもので」
とアドバイスをもらいました。

 

メイクをしないほうが良いのでは?と思いましたが、スッピンで外に出ると、ダイレクトに花粉が肌についてしまうので、防御にもなるので
ベースメイクはしたほうが良いと。

 

でも、石鹸で洗い流せるようなものにしてくださいと言われました。

 

アイシャドウなどは、もちろんNGです。

花粉症 肌荒れ

目のまわりは皮膚が薄く、トラブルが起きやすいからです。

 

もしクレンジングが必要なら、低刺激で、肌に負担がかかるものはやめてくださいと。

 

スキンケアで、肌に一番よくないことは、クレンジングなんだそうです。

 

なのでこの時期はオイルで落とし、パパッと洗い流せるようなものにしています。

 

クルクルとマッサージするようにメイクと馴染ませるように落とすものは避けています。

 

お肌がデリケートになる花粉の季節は、まず自分にあったケアをするのが一番だと思います。

 

酷いときは、迷わず皮膚科に行くのが良いと思います。

肌トラブル対策には保湿をしっかり行うことが肝心

小さ頃からアトピー性皮膚炎を持っていた私。

 

顔や指の間などお肌のトラブルがおき、ジュクジュクしている気持ち悪さやかゆみから夜も眠れない時もありました。

 

皮膚科での治療は行っていましたが、症状が強くなると病院へ行き、症状が弱くなると治療を辞めてしまった経験からなかなか大人になってもアトピー性皮膚炎は治らないままでした。

 

社会人になってしばらくして、仕事にストレスを強く感じるようになったあたりから、お肌のトラブルが再発し、一時は外に出るのも恥ずかしいほど症状が悪化してしまったのです。

 

また、アレルギー体質ということもあり、お肌の状態が悪くなるのはストレスを強く感じた時だけでなく色々な花粉の飛び交う春や秋にも症状が悪化することがわかってきました。

 

そこでまず病院で自分が何に対してアレルギー反応を起こしているのかを調べ、その花粉の多くありそうな場所には近づかないことや、春や秋はスキンケアを特に念入りに行うようにしました。

 

スキンケアと言っても色々な化粧品をあれこれ付けるのではありません。

 

そんなことをしたらかえってアトピーが酷くなってしまいます。

 

アトピーも花粉に対するアレルギー反応もお肌の乾燥から肌を保護する力が弱くなっているのが原因と聞いたので、入浴や洗顔後に保湿力の高いオールインワンタイプの美容液でしっかり保湿を行い、休憩時間などのちょっとした時間に、昔からアトピーに効果があると紹介されたルイボスティーを飲み、少し残して肌に化粧水のようにつけるようにしています。

 

ルイボスティーには肌に良くない活性酸素を抑える働きがあるので効果的です。

 

また、ルイボスティーを出し切ったあとのティーパックを集めておき、入浴する際に入浴剤代わりにお風呂に入れています。

 

香りがする入浴剤のようにお風呂を楽しむことは出来ませんが、お肌を守るためには必要なここと続けるようにしています。

 

オールインワンタイプの美容液やルイボスティを飲んだり、肌につけるようになってから10年ほどになりますが、今では昔本当にアトピー性皮膚炎だったのかと思うくらい肌も綺麗になりました。

花粉 お肌

肌トラブルも徐々に減ってきて、皮膚科へ通わなけれればならないほどの肌トラブルはなくなりました。

 

本当に色々美容に気を使っている人からみればたったこれだけかと思われるかもしれませんが、肌の弱い人にとっては色々な化粧品をつけることさえ出来ない人もいます。

 

たったこれだけでも長くスキンケアを続けていれば十分お肌のトラブルは改善していきます。

 

超低水分量の肌だと分かってから始めた保湿ケアで肌荒れ改善

アレルギー体質に加えて花粉症もひどいので、季節の変わり目にはずいぶん肌荒れに悩まされてきました。

 

単に肌が荒れるだけでなく、乾燥してかさつきがひどいところには赤みや痒みも出ていたので、痒くてかいてしまった後はいっそう赤くなるため見た目も気になりました。

 

そんな私があまり肌荒れに悩まされなくなったのは、ある時季節の変わり目に頬にアトピーによるかさつきが出来てひどくなり、スキンケアに悩んだことがキッカケでした。

 

気になる化粧品メーカーがあり、そこのカウンターでお肌のチェックをしてもらったのです。

 

そこで分かったことは今までの自分のお肌に対する認識と真逆のことでした。

 

すぐに脂が浮き出てくるしニキビや吹き出物ができやすかったので脂性肌だと思い込んでいて、いつもさっぱりタイプの化粧水ばかり使っていたのですが、実はかなりの乾燥肌でお肌の水分量がかなり低下していることが分かり、早速保湿効果の高い化粧水を購入しました。

アレルギー スキンケア

その化粧水は単に保湿効果が高いだけでなく、オイルカットなのでお肌にも優しいというところが気に入りました。

 

それをただ塗るのではなく、花粉症やアレルギーで特にお肌が乾燥してるときには化粧水をコットンに浸したものをお肌に3分ほど乗せるローションパックをしました。

 

あと、今までべたつくからと敬遠していた保湿ジェルやクリームも使うようになりました。

 

同じラインのものを使うこともあれば、別のメーカーのものを使うこともあります。

 

基本的には低刺激のものをたっぷり使ってしっかり保湿するということです。

 

これだけで今でも初期の肌荒れであればすぐに落ち付きますし、普段からお肌にしっかり潤いを与えていることが、花粉やアレルギーも含めた様々な肌荒れの予防になっていると感じます。

 

コットンを使うことで肌に負担がかかるんじゃないかと心配な時は、化粧水を手に取って自分の手の温度で顔全体を優しく包み込むように、しみ込ませているイメージを持ちながらケアするだけでも違います。

 

肌荒れがひどい時にはスキンケアそのものが憂うつになってしまうこともありますが、そんなときこそ自分のお肌をいたわるように丁寧に一つ一つケアしていくことが大事だと思いました。

 

あと洗顔が大事です。

 

私は現在、低刺激のコールドクリームタイプのメーク落としを使っていますが以前よりメークがきちんと落ちている実感があります。

 

落としているようで落ちていないメーク汚れがさらなる肌荒れを引き起こしているかもしれないので、スキンケアももちろん大事ですがメークをしている方はいま一度メーク落としを見直されることもお勧めします。

 

特別なものを買わなくても、普段からの心がけで荒れた時の対処が楽になりますし、荒れにくい肌を作ることも出来ました。

 

すぐに効果が出なくても続けていくうちに気が付いたら肌荒れしにくくなっていた、そんな実感を得られるくらいのペースでやってみて下さい。

 

季節の変わり目とともにでる肌荒れ

私たちの体には病原体などの異物の侵入を防いで体を守る、「免疫」というシステムがあります。

花粉 敏感肌

体の中に異物( 抗原) が侵入してくると、体の免疫機能がそれを記憶し、次回の侵入時には速やかに排除されるよう抗体が産生されます。

 

通常の免疫は、ウィルスや細菌など体に害となるものに対してのみ機能し、体を守っています。

 

しかしアレルギーでは、体に害のない花粉などの抗原についても異物と判定し、体に何らかの症状が出てしまいます。

 

アレルギー反応を起こすような抗原を「アレルゲン」と呼びます。

 

スギ花粉を例にとってみましょう。

 

アレルゲンであるスギ花粉が目や鼻・口などから体の中に侵入すると、通常では何の症状も起きません。

 

しかし、アレルギーでは、それを異物と判定し、抗体が産生され、目では涙を出して、鼻ではくしゃみや鼻水を出すことで体の中から排出するよう働きます。

 

くしゃみや鼻水などはよく知られた症状ですが、アレルゲンが皮膚から侵入して、そのアレルゲンを排出しようと炎症反応が起きて肌荒れとなる場合があります。

 

アレルゲンには、花粉、ハウスダスト、ダニ、金属、薬、植物など様々な種類のものがあります。

 

女性にとって、一番気にしていることは、お肌のケアについてではないでしょうか?私自身、アレルギー体質で、極度の敏感肌と乾燥肌です。

 

特に花粉の時期になると、季節の変わり目とともに訪れるのが、肌荒れ症状です。

 

ケアをしていても、いつのまにか、肌は荒れ果て。

 

痛々しい姿になっています。

 

肌荒れした時に、ケアするのは、手遅れです。

 

花粉の前にケアをちゃんとしておかないと余計に肌はボロボロになります。

 

女性にとってお肌は一番の見せ所です。

 

顔の印象はお肌が一番関係していきますよね。

 

お肌が綺麗だったら、ますます顔が美人さんに見えてきます。

 

また、顔の印象が違う風にみえたりするので、お肌のケアは大切です。

 

私の肌のケアについては、朝起きて、洗顔をし、化粧水をぬります。

 

お風呂の時に、洗顔をし、お風呂からでてきたら、化粧水を塗って保湿します。

 

次の朝起きてちょっと肌の調子が悪いかな?と思ったら、寝る前にパックを使ったりしています

 

朝起きて、カサカサしていたら、もう、手遅れなので、それから、肌の調子がだんだんと悪くなる一方なので、皮膚科にいく事をオススメします。

 

花粉の季節は肌の悩みごとでいっぱいになりますよね。

 

なるべくストレスを増やさないように気をつけましょう。